スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

羽。

あれ、写真がアップされてない。。?
重いのかな??
も一回送ってみよ。インディアカの羽。。
  

Posted by いろり端会 at 15:55Comments(0)高岡明子

高鍋町スポレク祭!

スポーツの秋!!w(≧▽≦)w
昨日は、17回目の高鍋町スポレク祭でした。
汗を流し、仲間との絆を深め合いました!!
町内の様々な会場で、いろんなスポーツ・レクリエーションが行われました。


私のお手伝い担当競技は、『インディアカ』。ご存知ですか?『インディアカ』。
写真にありますバドミントンの羽を大きくした様な物を、手の平で打ちます。
4人1チームで、ソフトバレーの様なルールです。
この羽を手で飛ばすのが、何とも難しい(=□=;)


そんなダメダメな私をチームの一員に加えてくださいました。
参加者のお姉さま方、みんな優しい!!(T□T)何をしても、ミスをしても褒められる。。いいのでしょうか、こんなんで(T□T)
ただ、少しずつ慣れてきて、、、、インディアカ超ぉぉたーのーしーい〜〜〜♪♪
もともとがお調子者の私。褒められれば褒められるほど伸びます!多分!
そして、3戦のうち最後の1戦で、奇跡的に勝利!
そこまで喜ぶかってくらい、ハイタッチ!ハイタッチ!♪ハイタッチ!!♪♪


しかも!ちょうど昨日が誕生日だった私に、
みんなでハッピバースデー♪を歌ってくれたのです(T△T)嬉しいぃぃ。
体育館に響く『ハッピバースデー♪あっこちゃ〜〜ん♪♪』☆☆☆照。。


今日の全身筋肉痛なんて、余韻に浸りながら、ニヤニヤ笑いながら(←あやしい。。)、引き受けます!!


インディアカ参加者のお姉さま方、ソフトバレーで一緒に遊んでくれました方々、
その他競技の参加者のみなさま、ほんとに!ありがとうございました!!!
  

Posted by いろり端会 at 15:33Comments(0)高岡明子

ドライブのお供

今回の五ヶ瀬もそうですが長く運転するときに僕が必ず持って行くものがあります。

まずはコーヒー!
いっつも同じカフェオレをコンビニで買うことから旅は始まります。
ペットボトルよりもストローを刺して飲むタイプのものです。

ストロータイプのメリットは運転中目線を変えずに飲めること!
ペットボトルだと飲むときに上を向いて飲まなきゃいけない、それが不安なのでストロータイプにしています。
ちなみにこの技は大学時代の講義中に思いついたものです(笑)。


もう一つの必需品は、大量のCD!
とにかく音楽を聴きながら長い距離を運転します。
ラジオもありますが場所によっては周波数を変えなきゃいけないし、自分の好きな曲をかけて疲れているときも気分を上げて運転するようにしています。

特に長い旅だと最後はB'zが多いです。小学生からファンでベスト盤なら全部口ずさめるので自分を鼓舞するのにピッタリです。

ちなみに今日は斉藤和義、忌野清志郎、FLiPとロックロックしてました(いつもですが)。


この2つがない旅は考えられない!僕の旅のパートナーです。

…だけどこの2日の移動で大量にコーヒーを飲んだのでしばらくはいらないかな…(笑)
  

Posted by いろり端会 at 20:29Comments(2)永友順大

五ヶ瀬町赤谷地区・竹灯籠まつり




昨日、今日で五ヶ瀬町赤谷地区の竹灯籠まつりをお手伝いしてきました。

五ヶ瀬町は初!恥ずかしながら場所もはっきり把握しておらず、五ヶ瀬と高千穂を逆に捉えていました。


地元の商店街を歩行者天国にしたところで、真下を道沿いに川が流れているところが会場です。

ここを道の脇に、割った竹や地元の子供が牛乳パックを切り抜いて作った灯籠をズラーッと並べ灯りを灯すんです。


僕の仕事はその川べりに灯籠を並べること。
ということで、川、渡りました!

膝くらいまでの水深の川をジャブジャブ渡って反対側の岸に灯籠を並べ火をつけました。

思ったより冷たくはなかったですが、足場がコケでツルツル滑り流れにも負けないようにするのが大変でした。

川に入ると疲れますねー…
でもその分暗くなってから見る川の灯籠は誰よりも感慨深く見れました!


川から上がって着替えたら今度は団子入れ大会(玉入れ)!
中山間盛り上げ隊チームとして地元の方と対戦し見事11位でした!(12チーム中)

川に入って玉入れして一人運動会みたいでしたが充実しましたね〜いろいろ動く場が多くて楽しかったです。


お祭りのあとは地元の方と打ち上げ!美味しい料理と楽しいお話で、これも楽しかったです。



灯籠の火は一つ一つ小さくてちょっとしたことで消えちゃいそうなんですが、それがたくさん集まると感動的な灯りになるんです。

それがまるで赤谷地区の皆さんやこれまで行った地域や自分のやっているボランティアと重なって、この灯りをもっと大きくしていきたいと思いました。

奇しくも今日は東日本大震災とアメリカのテロ事件の区切りの日に、一つ一つの小さな光の大切さを思ったボランティアでした。
  

Posted by いろり端会 at 20:15Comments(0)永友順大