水平線の花火と音楽2

10月22日に口蹄疫復興イベント『水平線の花火と音楽2』のボランティアに行ってきました。


これは去年から始まった音楽イベントで口蹄疫からの復興をテーマに、泉谷しげるさんを中心に豪華なアーティストを呼んで開催されたものです。

今年は泉谷さんを始め、宮沢和史(THE BOOM)さん、小泉今日子さん、宇崎竜童さん、ムッシュかまやつさんなどなどが出演されました。


僕は客席に立ってトイレの場所を教えたり席の説明をしたり…聞かれたら答える、あとは立っているだけの仕事でした。

おかげでたっぷりライブを楽しめました。


正直に言うと立ちっぱなしの中、三回泣いてしまいました…。

宮沢さんの『島唄』で口蹄疫のことを思いだし、
泉谷さんの『春夏秋冬』で自分の辛かった時代を思い出し(当時ギターでよく弾いてたんです)、
最後の花火で『宮崎も自分も花火を楽しめるようになって良かったなぁ…』と思い、涙してしまいました。

会場が盛り上がるにつれ、興奮と同時に安堵感というか『宮崎が元気になってる』という安心した気持ちになりましたね。


そうそう、まだ開場前の午前中…

仕事もほとんどなくボランティアブースをこっそり抜け出しリハーサルを見学していました。


しばらくするとボランティアの人々がブースに駆け足で集まってく…

『大事な仕事か?』と慌ててブースに戻ると、
ボランティアの輪の中心に、なんと泉谷さんが!!


会場に向かうお客さんを手を振って出迎える、そのやり方を泉谷さんが直々に指導されたんです!

『なんで俺がこんなことやってんだ!?』なんて言いながら
『この出迎えでライブの半分が決まる』と熱く指導してくださいました。

ライブが始まると歌だけでなく司会でずっと出ずっぱり…

本当に愛を感じました。
泉谷さんに感謝、感謝です。


そして宮崎県の各地から集結したボランティアの皆さんにも感謝です。
実行委員会の皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。


最後に…

こういうイベント、児湯でもやらなきゃダメだよな…と思いながら帰る僕でした。


同じカテゴリー(永友順大)の記事画像
西米良アート展
五ヶ瀬町赤谷地区・竹灯籠まつり
日之影大菅地区花火大会〜雑感編
日之影大菅地区花火大会
同じカテゴリー(永友順大)の記事
 カフェ&バー『BUCKAYRO』 (2011-12-26 23:33)
 堀田力先生勉強会 (2011-12-23 22:08)
 『居場所』って何だろう (2011-12-22 21:52)
 今年最後のいろり端会 (2011-12-20 23:04)
 都農ふれあいの居場所と勉強会 (2011-12-11 19:26)
 11月15日いろり端会 (2011-11-15 23:24)

Posted by いろり端会 at 21:55│Comments(0)永友順大
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
水平線の花火と音楽2
    コメント(0)